ガラスに彫刻

こんにちは。

今回の素材はガラスです。レーザー機器の技術者に聞くと、ガラスは結構難しいようです。単純なロゴや文字だけならともかく、写真などをガラスに彫刻する場合は調整が難しく、ガラスの質によっては割れたり、剥がれたりで汚く映ってしまうそうです。

グラスタイル

グラスタイル

100円ショップで購入したこのグラスタイルが今回の素材です。結構厚い(4mm)ので、即割れると言うことは無いでしょうが、それでもひび割れが心配になります。

cimg4113早速レーザー機で加工してみます。

・・・すると、出力の設定はほぼMaterials DatabaseのGlass Marking(つまりメーカーさんが、グラスに彫刻する時の最適なレーザー出力の設定はこうですよ、と推奨する出力の値)のままなんですが、いざ実行してみるとカチカチカチ・・・!とまるでガラスタイルを針でコンコン突いている様な音が出ます。

これは割れるんじゃないかと思いましたが、2分経過し、特に割れるような様子も無く加工は終わりました。ただし、レーザー出力部分の光の反射があるので、見つめると結構眩しいと思います。あまり見ないほうがよさそうです。

cimg4116上二つの下部が掘られています。想像したよりもはっきりと彫られているので、良いのではないでしょうか。ただ、複雑な絵柄や写真とかは何度かやってみて設定値を調整しなければ綺麗にならないようです。繊細なところは潰れやすそうです。

加工写真拡大後

加工後拡大写真

これでガラスもできることがわかりましたので、今度は深堀りに挑戦してみます。ガラスの種類によって割れない程度の設定値を見つける必要がありそうです。

7/2~7/3 展示会開催

こんにちは。

表題の通り7月2日~3日の2日間にてヨコハマレーザーシステム主催の展示会を行いました。場所は横浜の桜木町です。(ランドマークタワー15階 ユニバーサルレーザシステムズさんのところです。)

加工サンプルの品々

加工サンプルの品々

午前と午後で混み具合が異なりました。両日とも午前はご来場頂くお客様が多く、説明員が足らないくらいでした。(それでもなんとかこなしましたが・・)反対に午後はお客様が少なく、割とガランとした雰囲気でした。

場所が観光地なので、みなさん午前にレーザー加工機の見学を済ませて、午後のんびり観光・・・と言うパターンでしょうか?

cimg4124説明担当メンバーはそれぞれ個々のやり方でレーザー加工機の良さを説明していました。お客様もレーザーが全くの初心者からかなり詳しい人まで様々です。詳しい人からは結構突っ込んだ質問などがあり、私はその度に自分で調べたり他のメンバーに聞いたりと忙しく動いていました。【本来は即答すべきで、そういうことが無いようにならないといけないのですが(汗)】

御客様に説明中・・・

御客様に説明中・・・

cimg4131

写真はいずれも準備中か、午後の写真です。午前はお客さん対応に追われて写真を撮ってる暇が無いほどでした。

でもこの忙しさも、お客様の成約に結びつくと苦労が報われますね。

cimg4137

次回は9/2~9/4に、東京ビックサイトにてサイン&ディスプレイショウが開催され、ヨコハマレーザーも出展します。

ぜひ御客様がこれによりレーザー加工機に興味を持って頂けたら幸いです。