Category: レーザー加工機

消費税アップ直前!レーザー加工機ロングランキャンペーン開催中です!

消費税アップ直前!レーザー加工機ロングランキャンペーン

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、弊社では、2013年12月20日(金)~2014年3月31日(月)の期間、消費税アップ直前のロングランキャンペーンを開催しております。
なお、本キャンペーンでは「レーザー加工機体験会」はじめ、5つのお得なキャンペーン企画を開催しております!
ぜひこの機会をお見逃しのないようご利用くださいませ!
キャンペーンページ → http://yslaser.com/news/20131220top.html

大阪 SIGN EXPO 2013(第28回広告資機材見本市)に出展いたしました。

img_1036
去る6月12・13・14日の3日間、大阪南港ATCホールで開催されました大阪 SIGN EXPO 2013(第28回広告資機材見本市)に、ユニバーサルレーザシステムズ社製レーザー加工機で出展いたしました。

img_1045
期間中は天気にも恵まれ、多くの方にご来場いただきました。
今後新たにはじめる事業への活用や、現在既にお使い頂いているレーザー加工機の買換え等、様々なニーズをお聞かせいただき、私共にとってもお客様の状況を学ばせていただく貴重な機会となりました。

img_1046
ご来場いただいたお客様にあらためて御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。
なお、ヨコハマシステムズ大阪支店ではレーザー加工機のデモ機や様々な素材の加工サンプルを常設・展示しております。
お客様がレーザー加工機の導入検討にあたって加工テストされたい素材などありましたら、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

ヨコハマシステムズ大阪支店
TEL:06-6395-4430 営業担当:川田
〒532-0003 大阪市淀川区宮原2丁目8-20

「マテリアライジング展」内覧会に出席しました

東京藝術大学「マテリアライジング展」会場の様子

東京藝術大学「マテリアライジング展」会場の様子


先週末6/7(金)に東京藝術大学美術館陳列館にて「マテリアライジング展」の内覧会とプレカンファレンスが行われましたので、我々も参加いたしました。
※マテリアライジング展の詳しい内容はこちらです。
当社ホームページでも既にアナウンスしておりますが、ヨコハマシステムズでは「マテリアライジング展」にユニバーサルレーザーシステムズ社製レーザー加工機PLS6MW、ILS12.150Dの2機種で協力しております。

主催された砂山先生のごあいさつ

主催された砂山先生のごあいさつ

プレカンファレンス会場の様子

プレカンファレンス会場の様子

作品を作られたアーティストの方々

作品を作られたアーティストの方々

内覧会にはたくさんの方々が来場されており、展示作品の作者の方々と積極的に交流されておりました。
以降の写真は、展示されている素晴らしい作品の一部です。

展示作品

展示作品


展示作品

展示作品


多くの方々が来場されてました

多くの方々が来場されてました


展示作品

展示作品


展示作品

展示作品


展示作品

展示作品


マテリアライジング展では6/16(日)にワークショップを開催されるようです。
ご興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか?
詳しくはこちら

「MONO GRAND OPENING PARTY」に参加しました。

e291a020130228mono
去る2月28日(金)に、東京臨海副都心テレコムセンター「MONO」様の「MONO GRAND OPENING PARTY」に参加いたしました。
MONO様は「3Dプリンタを始めモノづくりで起業する為に必要な設備や起業家向けイベントを通して技術とビジネスの知識を深め、入居者同士のの密なコミュニケーションや情報共有が常に可能なMONOづくりのスタートアップ総合プラットフォームを目指しています」との素晴らしいコンセプトで運営されるプロジェクト。日本のお家芸「モノづくり」に新しい風を吹き込んでくれそうなムーブメントです。
MONO様のホームページはこちら

e291a220130228mono

e291a320130228mono
パーティーには約300名の方々がお集まりになったようで、会場は大変賑わっておりました。
お食事も大変おいしかったです(笑

e291a520130228mono
ここはMONOに入居された方々が無料で利用できる共同の工作空間です。
ありがたいことに、こちらの一角に、我社のユニバーサルレーザー加工機VLS2.30を導入頂きました。

e291a620130228mono

e291a420130228mono2
レーザー加工機のデモンストレーションに向け、慎重にセッティング中のボスです。

e291a720130228mono
こちらは、デモでペーパーカッティングしている様子です。
精細なカッティングができますので、見学された方々も興味深く見学されていました。

e291a120130228mono
こちらは、MONO様のフロアから一望した臨海副都心の夜景です。
とても綺麗でした。

MONO様は3/1にグランドオープンされました。
我々も可能な限りMONO様の活動をご支援していきたいと思っております。
MONO様の今後のご活躍をお祈りしております。

プライベート展示会in横浜 開催報告

e291a0201302tenjikai01
年度末の繁忙期、皆様いかにお過ごしでしょうか。
去る2月22(金)・23(土)に、横浜ランドマークタワー21F「ユニバーサルレーザーシステムズショウルーム」にて、当社ヨコハマシステムズのレーザー加工機プライベート展示会を開催いたしました。
上の写真は、ショウルームから見える横浜の街並みです。両日とも、お天気恵まれました。

e291a1201302tenjikai02
毎度おなじみのレーザー機で加工した当社展示会案内板です。

e291a2201302tenjikai03
ユニバーサルレーザーシステムズ社のジャパンショールームですので
レーザー加工機で製作された素晴らしいサンプルの数々が展示されています。

e291a3201302tenjikai04
昨年12月に開催いたしました展示会を更に越える方々ご来場者いただき、今回も会場は終始熱気に包まれました。

e291a4201302tenjikai05

e291a5201302tenjikai06
既にレーザー加工機をお持ちの方や、はじめてレーザー加工機をご覧になる方など、様々なお客様にご来場いただきました。
来場いただいた方々は、レーザー加工の実演やセッティング方法など、非常に興味深く見聞きされておりました。

e291a6201302tenjikai07
ちなみに、こちらがショウルームのエントランス付近に展示されているレーザー加工サンプルの数々です。
こちらの展示品を1時間以上かけてじっくりと眺められているお客様もおられました。

e291a7201302tenjikai08

e291a8201302tenjikai09
ユニバーサルレーザーシステムズ社のキーカラーであるレッドが映えるレーザー加工機の数々。
こちらでは、多くの機種を間近でご覧になれる貴重なショールームです。
ご興味のある方は、ぜひヨコハマシステムズへお問合せ下さい。
しっかりと、ご案内・ご説明させていただきます。

おかげさまで、前回同様、展示会は盛況の内に終えることができました。
ご来場いただいたお客様、そして多大なるサポートで展示会を支えていただきましたユニバーサルレーザーシステムズ社様に深く感謝いたします。
誠にありがとうございました。

IAMAS東京展「一歩さがって、二歩すすむ」開催中です!

広報担当のaoです。
本日は、今日から23日(日)までの3日間、東京都港区の芝浦ハウスで開催されます
イアマス(情報科学芸術大学院大学)様の東京展「一歩さがって、二歩すすむ」を取材してまいりました!

芝浦ハウス

芝浦ハウス

といいますのは、このイベントで使用するレーザー加工機を当社でご用意させていただいたからです!
このようなクリエイティブな場で当社のレーザー加工機をお使いいただけたことに感謝感激でございます。。

さてイアマス様はどんな学校様かと申しますと
『先端技術と芸術的創造の融合を理念にメディア文化と産業の分野で常に先端を走り続ける学校です。』
と、頂いたパンフレットに書かれておりました。
ひとことで言えば私的には超カッコイイ学校です^^
※イアマス様をもっと詳しくお知りになりたい方はこちら

レーザー加工機がこのような先端的かつアートフルな場でフル活用されていることに
時代の息吹をヒシヒシと感じる今日この頃でございます。。

さて、前置きが長くなりましたが、会場の様子をご紹介します!

20121221-2

20121221-3

当社でご用意しましたユニバーサルシステムズ社製レーザー加工機「X2-660」です。

20121221-4

イアマスのジェームズギブソン先生と生徒様がとても楽しそうにスケボーのボディにデザインマーキングをされておりました。

それで下の写真がレーザー加工機で作成された作品です。素晴らしいですね!

20121221-5

20121221-6

20121221-7

こちらの方は今回当社といろいろとやりとりをさせていただいた
メディア表現研究科の城(Jo)一裕先生です。

20121221-8
それで、こちら↓が城先生の作品です。
20121221-9

なんと!レーザー加工機で作ったアナログレコードとのこと。。すごすぎ!
先生のお話によると、レコードの溝の波形をPCで図形化し、これをレーザー加工機で彫らせて作るようです。。
ちゃーんとアナログプレーヤーで音が出ておりました。。
20121221-10-1

先生曰く、最近はレーザー加工機が手ごろな価格になってきたため、多くの方が簡単にデジタルデータを「モノ化」できるようになり、多用な使われ方がされてきており、我々も「何ができるか」を常に模索し続けていると。。
確かに、これまでは「切る」「削る」というのは職人や専用機械がなければできなかった工程でしたが、データさえあれば、まるでプリンターのように簡単に、なおかつ精度高く「切る」「削る」ができてしまうレーザー加工機はある意味革新的な機械なんだなぁと改めて自社商品を理解する機会となりました。。

以下、展示されていた様々な作品です。
いやー楽しい!美しい!ユニーク!

20121221-11

20121221-12

20121221-13-1

20121221-13-2

 20121221-14

20121221-15

20121221-16

20121221-17

20121221-18

20121221-19

ぜひ皆様もIAMAS東京展、足を運んでみてください!
「IAMAS東京展」の詳しい情報はこちら

<広報担当ao>

レーザー加工機のプライベート展示会を開催いたしました

はじめまして。広報担当のaoと申します。
なぜか広報担当ながら初めての投稿です。どうぞよろしくお願いします。
去る12/6(木)7(金)の2日間、JR神田駅のすぐそばの「エッサム神田ホール」にて当社単独でユニバーサルレーザーシステムズ社製レーザー加工機の展示会を開催いたしました。
展示会01

会場前の準備の様子です。
展示会02

当社クライアント様のご好意で、レーザー加工機で製作された素晴らしい作品をお借りし、展示させていただくことができ、来場されたお客様にも大変好評でした。
tenjikai04-11

展示会03

展示会04

多くのお客様にご来場いただき、当社スタッフのトークも、いつにも増して熱がこもりました。
なかには九州からお越しいただいたお客様もいらっしゃいました。
tenjikai051

tenjikai062

tenjikai071

おかげさまで、盛況の内に終えることができました。
ご来場いただいたお客様、誠にありがとうございました。

VLS2.30のメンテナンス その03 レールカバーの取り外し

土日は寝るだけ、技術担当のOです。できるだけ詳しく書こうとしたら、分解方法ですら終わる気配がありませんが、頑張ってみます。

サイドカバーとサイドパネルを外すと、かなりスカスカになりますが、ついでにメインのカバーも取ってしまいましょう。

VLS2.30のメンテナンス その02 加工機の分解

背面カバー下面のネジはこの位置にあります

背面カバー下面のネジはこの位置にあります


いきなり涼しい日が来ましたね~疲労のせいか風邪を引いてしまい、ズルズルの技術担当Oです。

今回はVLS2.30のメンテナンス方法の続きで、加工機の分解方法です。なお、作業に入る前に必ず電源ケーブルを抜くか、トランスの電源を切っておきましょう。

  1. 作業は、まず加工機背面カバーから。
    加工機背面カバーは、両端にある下からのネジ2ヶで固定されているので、このネジを外し、加工機背面カバーを取り外します。











  2. ガイドは加工機の真後ろに

    ガイドは加工機の真後ろに

  3. 次に発振器の取り外し。背面にあるガイドが、ネジ2ヶで固定されているので外します。ネジが小さいので、落とさないようにしましょう。















  4. 上から発振器取り付けネジを外します

    上から発振器取り付けネジを外します

  5. そして、発振器の上部のネジ(これまた2ヶ)を、続いてレーザー加工機本体から発振器に取り付けられている電源ケーブルを外します。電源ケーブルを外す前には、金属に触れるなどして静電気を逃しておくこと。なお電源ケーブル両端の小さいネジは、マイナスドライバーかラジオペンチで回せます。














  6. 発振器の左側にある電源ケーブルを外します

    発振器の左側にある電源ケーブルを外します

  7. 各ネジと電源ケーブルを外したら、発振器の取り出しですが、発振器は非常に高価なので、扱いにはくれぐれもご注意ください。発振器の重さはは20~30キロもあるので、片手で持ち上げようとせず、裏側に回り、両手でしっかりと持ち上げること。また、取り出した発振器を置くスペースを先に用意しておくこと。不安定な机の上などではなく、床面に直接置いてください。














  8. 奥側を支点に、発振器の手前を両手で持ち上げます

    奥側を支点に、発振器の手前を両手で持ち上げます

  9. 置くスペースを用意したら、ネジで止まっていた奥側を中心に、手前部分を、円を描くように持ち上げましょう。発振器の手前部分を持ち上げたら、そのまま手前(自分の方)に引いて、取り出します。作業スペースが狭いので、腕や指を挟まないように。
  10. 続いて片側でネジ3ヶを外してサイドカバーを、その後サイドパネルを取り外します。サイドパネルは最初はきつく押し込まれているので、マイナスドライバーを使って、後ろ方向にスライドさせましょう。






長くなりましたので、その3に続きます。

技術担当のOでした。

VLS2.30のメンテナンス その01 ベアリング

ブームにかなり乗り遅れてますが富士通のスマートフォンF-12Cを購入して機嫌の良い技術担当Oです。

CorelDRAWのドッキングウィンドウの続きを書こうと思って用意してたんですが、訳あってVLS2.30のメンテナンス方法を先に書かせて頂きます。なお、作業に入る前に必ず電源ケーブルを抜くか、トランスの電源を切っておきましょう。

まずはベアリングの交換と周辺の清掃から。
VLS2.30のベアリングは上向きに4つ付いてます。この六角ボルトはM5なので8mmの六角ソケットで取り外し/締め付けが可能です。

作業時は、当たり前のことですが、下向きに軽く押しつけながら取り外し/締め付けること。長年使っているとヤニや錆でねじ穴が固くなってますので、ある程度のトルクをかけ、六角ボルトがナメないように作業してください。固いと感じたら無理せず、注油して時間をおき、緩めておきましょう。

取り外す順番はどこからでもOK

取り外す順番はどこからでもOK

レーザー加工機の分解にも注意点があります。
とりあえずベアリング交換だけだったら、レール上部のレールカバーとスケルトン(技術担当Oが勝手に命名)を外さなくても、モンキーレンチやメガネレンチ、ラジオペンチなどで奥側の六角ボルトを取り外せるので作業できます。

でも、もしベルトも交換するなら、先にレールカバーとスケルトンを外した方が、全ての作業が楽になります。ただ、加工機の分解が大変なので、分解方法はその02で、レールカバーとスケルトンの取り外しはその03で説明します。

なお六角ボルトの取り外しの順番はどれから外しても構いませんが、締め付ける順番はスプリングの影響があるので、手前側から作業した方が良いです。奥側からの取り付けは難しいです。

ベアリングが接触する部分の溝を掃除しましょう

ベアリングが接触する部分の溝を掃除しましょう


奥だけでなく、手前のレール溝も清掃してください

奥だけでなく、手前のレール溝も清掃してください


レール左側のアイドラ(プーリー)も一緒に清掃

レール左側のアイドラ(プーリー)も一緒に清掃


六角ボルトを取り外したら、締める前にレールを清掃しましょう。ベアリングが接するレール溝を、ウェットティッシュやアルコールを浸した綿棒でゴシゴシ拭いてください。


ベアリングの交換と周辺の清掃は以上です。つづく…

技術担当Oでした。