アクリル加工、その前に・・・

こんにちは。SINです。

今回は、アクリルの切り文字加工の紹介です。

下図は文字列データをレーザーカットしただけのものです。
切り抜いた文字の仕上がりは上々です。

e58887e3828ae69687e5ad97_21

 

ここで問題となるのは、切り抜きで残った端材のほうです。
一部の文字は周囲を完全に切り抜くため、穴あき状態で残ります。

今回でいえば、『O』や『A』にあたります。

e58887e3828ae69687e5ad97_1
もしも、端材も展示品として扱うならば、文字データを繋ぐような修正を施すか、
もしくは“ステンシルフォント”と呼ばれるフォントを使用する必要があります。

レーザー加工そのものよりも、データ作成に気を遣うパターンですね。

ちなみに、私も苦手です。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ